三菱 アイ

三菱 アイ

ミッドシップレイアウトを持つモデルというとどうしてもスポーツモデルといった印象が強くなりますが、誰もが乗ることができる一般的なモデルにも採用されています。

その1台が軽自動車として作られている三菱のアイです。

このモデルはもともとEVのi-MiEVを作るために設計されたもので、i-MiEVではリヤアクスルに電気モーターや補器、バッテリーなどを搭載することになっていました。

そのボディをそっくりそのまま使って作られたアイでは、その部分にエンジンやトランスミッション、ガソリンタンクなどを備えたのです。

その結果がミッドシップレイアウトということになり、独特なボディデザインもあって、変わり種の軽乗用車として扱われていました。

そのような経緯で作られたアイですが、これが意外と出来がよく、キャビン全体がフロント側にオフセットされた形になったことによって、前後重量バランスがよくなり、搭載されているターボエンジンもパワフルで、トラクション性能もコーナーリング性能もかなり優れた軽乗用車となりました。

生活車両として作られているので全高が高く、重心も高いのが玉に瑕ですが、これほどコーナーリング性能が優れている軽自動車はないでしょう。

ミッドシップレイアウトだからといってリヤラゲッジスペースが狭くなるということはなく、エンジンをフロア下に収めているので、全く影響はありません。

三菱というと、販売面でいろいろ悪いイメージが付きまといますが、この車を運転してみれば、三菱の車作りの良さがわかると思います。

 

サイトマップ