ホンダ S660

ホンダ S660

一時期大人気となっていたホンダの軽スポーツモデル、ビートの後継モデルとして発売されたのがS660です。

このモデルはビート同様にミッドシップレイアウトを持つ軽2シータースポーツモデルとして作られているもので、エンジンは先代モデルではNAエンジンでしたが、S660ではターボエンジンとなりました。

エンジンマウントはビート同様に横置きとされ、6速マニュアルトランスミッションと時代背景の影響を受けてCVTを搭載することになりました。

ビートではオープンモデルとして作られ、キャンバス性のソフトトップが付けられていましたが、S660もオープンモデルとして作られてはいるものの、オープンできるのはルー部のわずかな部分となっているのでロードスターやコンバーチブルといったものよりタルガトップに近い形となっています。

足周りはビート同様にストラットを用いた四輪独立懸架でブレーキに関しても軽自動車ではまだまだ高根の花となる四輪ディスクブレーキとなっています。

凄いのはこういった装備だけではありません。価格もかなり凄いことになっています。新車購入するとなると、一番安いモデルで198万円、高いモデルで238万円もします。

238万円ならコンパクトカーや中型ミニバンを余裕で買うことができる金額、その金額を払ってたった2人しか乗れない国産車で一番下のクラスとなる軽自動車の乗るというのもある意味でとても贅沢なのかもしれません。

確かに走行性能は抜群で、コンパクトカークラスぐらいの車であれば、簡単にカモれるぐらいです。

 

サイトマップ