ホンダ バモス

ホンダ バモス

スポーツモデルではないミッドシップレイアウトモデルとしてもう1台、ホンダのバモスです。

バモスは軽ワンボックスワゴンというカテゴリーの車で、軽商用バンのアクティの転用モデルといった形で作られているものです。

ですので、商用モデルのアクティシリーズ、バンもトラックも実はミッドシップレイアウトモデルで、リヤアクスルのすぐ前にエンジンが搭載されています。

通常ミッドシップレイアウトというとキャビン後ろにエンジンを置き、そのためにキャビンが狭くなるというデメリットが出てきますが、バモスの場合はワンボックスカーですので、ボディ全体がキャビンのようなものです。

そのためエンジンを置く場所がないため、バモスではフロア下にエンジンを寝かした形で搭載しています。

他の軽ワンボックスワゴンと比べるフロア高が若干高くなるのが気になりますが、ミッドシップレイアウトだからといって、荷室が狭くなることもなく、うまくレイアウトしたと思います。

こういった車は通常ではキャブオーバー型となり、フロントシートの下にエンジンが置かれることになるので、運転席周りが狭くなることが多いのですが、ミッドシップレイアウトを採用してエンジンを後ろに積んだことによって、運転席周りも広く、前後のウォークスルーも楽ではありませんが、できるようになっています。

ミッドシップレイアウトというとついつい走行性能のことばかりが注目されがちですが、こういったメリットもあるようです。

 

サイトマップ